食洗機を使うメリットとおすすめの食器

仕事や家事で毎日忙しいと、少しでも家事の時間を短縮できる方法が、知りたくなりますよね。特に食事の後片付けは、意外と手間がかかるものです。食洗器があったら、と思ったことのある方は多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな食洗器を導入するメリットや種類、食洗器で洗いやすい食器などについて考えていきます。

導入のメリット

食洗器を使うことによる最大のメリットは、やはり食器を洗う手間が省ける、ということでしょう。食器洗いは食洗器に任せて、その間に他の家事をこなすことができれば、時間を有効に使えます。手洗いでは洗いにくい高い水温と強力な水圧で洗いますので、しつこい油汚れなどもサッときれいにできます。

さらに、手洗いではなかなか落ちない汚れや、すみずみまでは洗えない食器なども、食洗器だときれいに洗うことが可能です。それでいて、使う水の量は手洗いの時より少なくて済むのです。水だけでなく、お湯を沸かすガスや電気代などの節約にもなりますので、節水・節電の効果も期待できることになります。

不安な点も解消

食洗器を実際に導入する前には、いろいろ不安に思うところもあるかもしれません。けれど、いざ使ってみると意外に大丈夫だった、ということも多いものです。例えば以前の食洗器は、入れる前に軽く手洗いする必要がありましたが、最新のものは予備洗い無しでも充分汚れが落ちるようになっています。

鍋やフライパンなどは、一見すると入らないように感じますが、実際にはちゃんと入りますし、洗えます。食洗器そのものの手入れが大変そう、というイメージもあるかもしれません。しかし食器を洗うことで、食洗器の中もいっしょに洗っていることになりますので、特に手入れは必要ないのです。

溜まったカスをきちんと捨てるようにすることと、洗った食器はこまめに取り出すようにして、器内を乾燥させておくことで清潔に保つことができます。

ビルトイン型食洗器

食洗器には、「ビルトイン型」と「卓上型」の二つのタイプがあります。ビルトイン型は、キッチンの中に組み込んで設置するタイプです。取り付け工事が必要となりますので、住宅を新築したりリフォームする際に食洗器の導入を考える場合は、こちらのタイプが第一の選択肢になるでしょう。

ビルトイン型のメリットは、キッチン周りをすっきりさせられるということと、容量が大きいので、一度にたくさんの食器を洗うことができるという点です。

フライパンや鍋などの大きなものを入れられるのも、ビルトイン型の特徴です。

キッチンスペースに余裕があり、洗う食器の量が多いなどの場合には、ビルトイン型がおすすめになります。

卓上型食洗器

卓上型は、キッチンの空いているスペースに置いて使うタイプです。本体を購入後、シンクの水道に分岐水栓を設置し、給水ホースを付けるだけで使用できるようになります。初期費用が安く済み、取り付けも簡単にできるところがメリットといえるでしょう。

ビルトイン型と比較すると、コンパクトなサイズのものが多くなりますので、少人数の家庭に向いています。キッチンに組み込んでの工事は必要ありませんので、賃貸物件や引っ越しが多いなどの場合にはおすすめです。

設置場所

キッチンの中で、どこに食洗器を置くのかということも、導入前に考えておく必要があります。ビルトイン型の場合は、シンクの下が定位置になります。ここに食洗器のスペースを作れるかどうかによって、導入できるタイプも決まってくるかもしれません。

卓上型は、シンクの横や調理スペースなど、置く場所にある程度の融通をきかせることが可能です。置けるスペースが無い場合には、台やラックなどを新たに用意して、乗せるというケースもあります。

食洗器で洗えないもの

様々な種類のある食洗器ですが、洗うことができないものもあります。高温に弱いものや、強化ガラス製の食器などがそれにあたります。粉々に割れて飛び散り、怪我をする可能性があるためです。ふきんやスポンジ、プラスチックのふたなど、飛ばされやすい軽いものも、食洗器には向きません。

ヒーターカバーに落ちると、焦げや変形などの原因になることもあります。漆塗りの食器やアルミ、銅製のなべなどは、変色やはがれが起きることがありますので、やはり食洗器では洗えないことになります。徳利やビンなども、口が小さく中まで洗うことが難しいため、手洗いした方がよいものといえるでしょう。

関連:食洗器はやっぱり便利?二人用ならどれがおすすめ?

食洗器に入れやすい食器

陶器や磁器などに関しては、ほとんどの場合使用することができます。

プラスチックも、110度以上の耐熱があり、一定以上の重さの食器であれば、食洗器で洗うことが可能です。コップもプラスチック製なら、破損の心配なく洗えるでしょう。

形状としてはボウルや皿、お椀など、底のしっかりしたものが食洗器に適しています。小鉢なども、食洗器に入れやすい食器の一つです。箸やスプーン、フォークなども、食洗器に向いています。

食器を入れるコツ

せっかく導入した食洗器を、できる限り有効利用するには、入れ方のコツがあります。まずは同じような大きさの茶碗や皿などを、同じ向きで入る量いっぱいまで並べてみる、という方法です。最も合理的に、多くの食器を入れることができるでしょう。

けれど実際には、大きさや形も様々な食器を使用することも多いのではないでしょうか。そのような場合には、食洗器の中で、食器の定位置を決めることがポイントになります。まずは、置き場所が固定されるような食器を先に入れていくようにします。

そして、残ったスペースに置き場所を選ばないような食器を入れていくのです。どのような用途にでも使える食器は、食洗器の中でもどのような置き方にでも対応できやすいものです。

普段から、手持ちの食洗器に入る量はどれくらいかを考えながら、使う食器を決めていくことも大切です。自分が日頃よく使う食器について、食洗器での定位置も決めておくとよいかもしれません。食洗器にうまくおさまるだけの食器を使って調理することを考えていくのです。

食事の準備の度にそれを繰り返すことによって、使用する食器の量も種類も、自然と分量がわかってくることでしょう。自分にとって、最も使いやすい食器の入れ方のコツを掴むことで、食洗器をうまく使いこなせるようになっていきます。